catch_119.jpg



2013年05月01日

毛嚢炎の治療

■毛嚢炎の治療


・毛嚢炎症状が軽い場合は治療の必要はなく、自然に治癒します

 増殖が拡大している場合や、痛みを伴いおできのようなものは、
 化膿止めの抗菌薬を3〜4日服用します



・毛嚢炎がたまにできる程度であれば気にする必要はありません

 続々と増殖する症状は、毛嚢炎ができる原因がないか、
 思い当たる誘引を間が増す

 太ももや、首筋で、いつも衣服で皮膚が刺激されてないかどうか、
 副腎皮質ステロイド薬を過剰に塗っていないか、など


・毛嚢炎の膿を培養すると、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、
 もしくは両方の菌が検出されます


・ニキビの一つ一つは毛嚢炎ですが、
 ニキビは、毛包炎、面皰、にきび痕が混在している状態で、
 思春期の顔・胸・背中の上部に多く発症します


・かみそり負けのつぶつぶも毛嚢炎です
タグ:毛嚢炎 治療
posted by スマイル at 19:59| 毛嚢炎の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。